コンテンツへスキップ

WonderReview NVIDIA BROADCASTノイズ除去を動画レビュー

マイクのノイズ除去機能を動画で検証

関連記事:NVIDIA BROADCAST

以前より、何度か紹介を行っている、NVIDAのノイズ除去機能です。
GPUを用いて動作し、機械学習された強力なノイズ除去機能を提供します。

Zoom、Microsoft TeamsやSkype、Cisco社のWebExなど、オンラインミーティングで大変有用です。

不要なキーボード音の削除、生活音の削除。
今まで、こまめに操作していた、オンラインミーティングツールのミュート操作から解放されます。

通常の会議と同じタイミングでの会議での発言、ミュート状態での発言による会議時間の無駄を回避出来ます。

すでに少し出始めていますが、来年にかけて多くのノイズキャンセル製品が出てくると思います。

ただし、マイクのノイズキャンセルは、ノイズを判定する部分の難易度が高いと感じており、当面(1-2年)は、NVIDIAのGPUが必要な内容と考えております。
よって、NVIDIAのGPUは導入価値あり。(高価ですが。。)

今までは、音を聞く場面向けのノイズキャンセル機能が多かったと思います。Zoomなどでは、全員が音声を発信するのでマイク側のノイズキャンセルとなります。
聞く方のノイズキャンセルは、外部音声を取り込み、音を打ち消すと実現出来そうなのですが、マイク側は、音声以外を削除する必要があり、難易度が上がると思います。
非常に多くの雑音をサンプリングし、雑音を聞き分けてノイズキャンセルを実施する必要があります。やはり、それなりの高機能なフィルターが必要と思います。
人工知能や機械学習の理由が拡大しているので、通常のCPUがこれらをサポートする、小型デバイス向けのチップでの機械学習エンジンの動作する時代が数年後には来ると感じてます。

お勧めNVIDIA RTXグラフィックカード GPU

値段は高いですが、興味のある方は是非!!

私自身もGTX1060 SUPERという現行モデルを利用していましたが、NVIDIA BROADCASTの登場もあり、RTXを導入してしまいました。

MSI GeForce RTX 2060 VENTUS XS 6G OC グラフィックスボード VD6915
MSI

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA