コンテンツへスキップ

室温上昇(30℃)でLINE通知

Use Case(ユースケース)

Nature Remoの室温室温センサーが30℃を超えた時点で、LINEに通知する。

前提条件

  • Nature Remoがセットアップ済み
  • IFTTTサービスの利用登録が実施済みである
  • IFTTTサービスよりLINEが利用可能であること

全体の流れ

  1. IFTTTのNature Remoより室温30℃以上をトリガートリガー登録
  2. IFTTTのLINEでメッセージを送信

トリガー

トリガー(this)にNature Remoをを選択し「Temperature rises above」(室温上昇)のトリガーを選択します。
トリガーは以下が準備されております。

  • Temperature rises above : 室温上昇
  • Temperature drops below : 室温低下
  • Humidity rises above : 湿度上昇
  • Humidity drops below : 湿度低下
  • Becomes brighter : 部屋の照度上昇
  • Becomes darker : 部屋の照度低下

対象のNature Remoデバイスを選択

what value でトリガー対象の室温を設定します。今回は、30℃を指定しています。

アクション

IFTTTよりLINEへメッセージ送信。
「室温が30℃よりも上昇しました。現在のNature Remoデバイスの室温は○℃です。」
というメッセージが送付されます。メッセージ部分は、自由に変更出来ます。

今回は、PHPやWebhooksなしのユースケースでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA