コンテンツへスキップ

他の部屋に連絡-By-Google-Home-Notifier

Use Case(ユースケース)

Google音声コマンド経由で別のGoogle Homeデバイスにメッセージ送信を行います。(Google Home Notifier経由)

前提条件

  • (Raspberry Piの)Google Home Notifier導入が終わっている「google-home-notifier」導入
  • (Raspberry Piの)PHPが動作するWEBサーバがセットアップされている
  • (Raspberry Piの)WEBサーバの公開設定が終わっている
  • IFTTTサービスの利用登録が実施済みである
  • IFTTTサービスにおいて、Webhooksが利用可能である IFTTT(イフト)でWebhooksの利用

全体の流れ

  1. IFTTTのGoogle Assistantより指定スピーカーへの音声コマンドをトリガートリガー登録
  2. IFTTTのWebhooksでPCシャットダウン時の音声コマンド受領時のアクションを実行(Raspberry PiのWEB APIへ発信)
  3. Google Homeスピーカーでアナウンス(Google Home Notifier経由)

トリガー

トリガー(this)にGoogle Assistantを選択し「Say a phrase with a text ingredient」のトリガーを選択します。これで、コマンドに加えて、不定形のテキストメッセージを追加出来ます。

音声コマンドを登録します。
「リビングにアナウンス $」
「リビングに連絡 $」などを登録します。
$部分が、不定形のテキスト部分となります。

コマンド受付時のGoogle Homeからのレスポンスも登録します。
「リビングにアナウンスします」

Lanuguage(言語)は、Japanese(日本語)を選択します。

アクション

IFTTTのWebhooksよりRaspberry PiのWEB APIへPUSH通知

IFTTT(イフト)でWebhooksの利用

  • URL:準備したAPIのURLを指定します。外部からWEBアクセス可能なURLを指定する必要があります。また、APIトークンを送信するので、https:// での指定を強くオススメします。
  • Method:今回は、POST受信に対応したPHPを用いるので、POSTを指定します。
  • Content Type:application/x-www-form-urlencoded: キーと値は、その間に '=' がある形でキーと値の組になり、 '&' で区切られてエンコードされます。キーや値の英数字以外の文字は、パーセントエンコーディングされます。
  • Body:準備したPHPの仕様に合わせて、3つのパラメータを設定します。
    • APIKEY=apikey
    • KEY=ExecAnnounce1 3台のスピーカーがあり、リビングを1としています。ExecAnnounce2を子供1、ExecAnnounce3を子供2としているので、それぞれ別のレシピとして登録します。
    • text={{TextField}} 不定形テキスト「$」部分となります。

以下が、準備したサンプルのPHPスクリプトとなります。

アクション

準備したPHPファイルより「@GOOGLE_HOME_1@ http://192.168.0.200:9081 などgoogle home notifier向けのURL」に設定したgoogle home notifier経由で対象スピーカーよりアナウンスを実施します。
夜間に音を出したくないので、checkTime($startTime, $endTime)関数を用いて、実行時の時間を確認しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA