コンテンツへスキップ

2020年7月個人向け深層学習・機械学習向けGPU (NVIDIA RTX Voiceも利用)

GeFroceのGPUアップグレード検討

以前の検討:2019年8月個人向け深層学習・機械学習向けGPU
現在利用しているGPU:GeForce GTX 1660 SUPER 導入しました

現在、MSI GeForce GTX 1660 SUPER AERO ITX OCを利用しております。
6GB GDDR6のメモリ容量となります。23,122円で購入しました。

ディープラーニング(Deep Learning)深層学習、ニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、Deep Neural Network: DNN)による機械学習向けにGeForceを利用しておりました。
外出自粛や在宅勤務など、自宅で過ごす時間も増えて、Zoom, Skype, Microsoft Teams, WebExなどのオンラインでのコミュニケーションや、パソコンのゲームも行うようになりました。

  • YOLO, DarknetなどDNN実施時のGPUメモリ不足(out of memory)回避、メモリ不足回避の学習回数増加による学習時間増加
  • 画像関係のDNNでは、GPUメモリ不足により、満足に学習自体実行が出来ないケースあり
  • 趣味の範囲なので、過剰な投資は出来ない
  • PCでヘビーでないゲームを行う。モニタ出力にDisplayPortを利用したい
  • メモリ容量が増えるが目的
  • そして今回は、RTXを利用したい
    (NVIDIA RTX VoiceでZoomなどの際のノイズ除去を行いたい)
    NVIDIA RTX Voice 最強のノイズ除去

グラフィックカードのメーカーですが、NVIDIAかAMDとなり、それぞれNVIDIAからGeForce、AMDからRadeonがリリースされています。
各種ツールとの親和性を考えると、GeForce一択となりました。

NVIDIAのGeForce RTX 20XXシリーズ(2060 SUPER、2070、2060)やGeForce GTX 16XXシリーズ(1660 SUPER、1660 Ti、1660)が現行モデルとなります。

今回検討している、RTX20シリーズですが、深層学習用のテンソルコア(Tensor Core)搭載となります。4×4行列の積和算を4つ並列に行う事が出来るようになり、Tensor Coreを使えば、CNNの畳み込み高速化、メモリ転送の効率化などにより、前世代の Pascal GPU と比べて、学習(トレーニング)速度が4 倍になるようです。
Volta Tensor コア GPU が AI パフォーマンスの新記録を達成新しいウィンドウで開きます

消費電力も、現在のパソコンケースの電源サイズや電気料金にも影響するので、一応比較軸に入れます。消費電力とTDP:Thermal Design Power(熱設計電力)は混同されて利用されています。TDPは、電源および冷却に関する指標を示す数字となります。

NVIDIAのGPUコアは「CUDA(クーダ)コア」と呼ばれます。一般的には「シェイダープロセッサ(Shader Processor)」、「ストリームプロセッサ(Stream Processor)」などと呼びます。

GPU導入候補比較表

価格帯を考え、第一候補は、2060 SUPERと2060の価格差に価値があるかないかの判断となりました。パソコンパーツの需要が大きいようで、全体的に値段が高めです。3,000円から5,000円程度安く購入できるタイミングがあると思います。

GPUGeForce GTX 1660 SUPERGeForce RTX 2070 SUPERGeForce RTX 2070GeForce RTX 2060 SUPERGeForce RTX 2060
価格イメージ
2020/07
32,00065,50048,00046,50039,000
メモリサイズ6GB8GB8GB8GB6GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6GDDDR6GDDR6
CUDA(SP数)14082560230421761920
消費電力125W235W175W175W160W
サイズ204x128x42 mm258x127x43 mm232x127x42 mm205x127x43 mm216x132x42 mm

MSIの GeForce GTX / RTX のVENTUSモデルをベースに比較

性能比較:[ドスパラ]グラフィックボード・ビデオカード性能比較ベンチマークテスト

個人深層学習向けGPU比較結果

  1. 機械学習をメインに考えメモリサイズ8Gを選択。価格的に2070も視野に入るが、現行モデルの2060 SUPERを選択
  2. 妥協なく、最善の選択だと思います。
    前回、RTX 2060とGTX 1060 SUPERを比較し、価格理由で1060 SUPERを選択しました。やはり、妥協ない選択がベストです。
  3. RTXでなければ、GTX 1060 SUPERはコストパフォーマンスも高く今でもお勧めのグラフィックカードです。
MSI GeForce RTX 2060 VENTUS XS 6G OC グラフィックスボード VD6915
MSI
created by Rinker
MSI
¥239,880 (2021/10/25 08:06:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA