コンテンツへスキップ

Google Home Notifierの音声変更(HOYA株式会社Voice Text Web APIへ)

google-tts-apiからHOYA社のVoice Text Web APIへ

Google Home Notifierは、テキストをgoogle-tts-apiを用いて、音声変換を実施しております。十分に内容は把握できますし、実利用には支障はないのですが、HOYA社より優れたWeb APIが公開されているので、HOYA社のVoice Text Web APIを用いた音声に変更を実施します。HOYA株式会社 VoiceText Web API

  1. HOYA社Voice Text Web APIの利用登録
  2. 「voicetext」のインストール
  3. google-home-notifierソースコード修正

参考サイト

前提条件

  • (Raspberry Piの)Google Home Notifier導入が終わっている「google-home-notifier」導入
  • (Raspberry Piの)PHPが動作するWEBサーバがセットアップされている

導入手順

1.HOYA社Voice Text Web APIの利用登録

HOYA株式会社 VoiceText Web APIの「無料利用登録」より利用登録を実施して下さい。利用登録後に、API KEYがメールで送付されて来ます。

2.「voicetext」のインストール

以下のコマンドで、「voicetext」をインストールします。

3.google-home-notifierソースコード修正

「google-home-notifier.js」ファイルの修正

以下を参考に2箇所追加および1箇所コメントアウト(削除)を実施します。

「VoiceTextWriter.js」ファイルの新規作成

  • 「@APIKEY@」を利用登録時に受信したAPIKEYに変更
  • 「@WEBPAHT@」にWEBサーバの公開フォルダに格納する音声ファイルを指定
    例:/var/www/html/voice-text.wav
  • 「@URL@」にWEBサーバの音声ファイルへアクセスする際のURLを指定
    例:http://192.168.0.200/voice-text.wav

VoiceText Web APIマニュアルを参考に、speedやvolumeなどのオプション指定を変更して、好みの音声に変更して下さい。設定ファイル変更時には、Google Home Notifierの再起動が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA