コンテンツへスキップ

Raspberry Pi 3 B+ への OpenCV (3.4.6)インストール

OpenCV(3.4.4)をRaspberry PI 3 B+にインストール

OpenCVのインストール方法は、以下の3つの方法で導入できます。
特に利用した機能ができるならば、1番目の方法が手軽でお勧めです。
ただし、OpenCVを使い始めると日々進化しているOpenCVを利用したくなるので、Raspberry Piでのコンパイル方法を習得していると最新バージョンなども利用出来て便利です。現時点では、Open CVのdnnではGPUサポートが出来ていなかったりと、私自身もリリースを待っている機能が存在します。

  1. pip/pip3でインストール
  2. GitHubよりソースコードをダウンロードしインストール (この記事のメイン)
  3. コンパイル済みバイナリをダウンロードして利用 (この記事には記載しておりません)

OpenCVをpip/pip3でインストール(バージョンはPIPバージョンレポジトリに依存)

必要ライブラリのインストール

Open-CVインストール

「opencv-contrib-python」の方が、利用可能な機能が多いようです。
ただし、商用利用時に中が必要な、特徴検出アルゴリズムSIFTやSURFなどが含まれており、利用目的に合わせてた導入が必要です。

OpenCV(3.4.4)をGitHubよりソースコードをダウンロードしインストール

事前準備

インストール対象のOpen CVバージョンを変数に設定します。

インストールに利用するフォルダを作成します。

カレントディレクトリを変数に入れます。

導入パッケージのアップデートを行います。
「sudo rpi-update」でRaspberry Piのファームウェアのアップデートを行います。
また、Expand Filesystemを設定していない人は、「raspi-config」よりExpand Filesystem(ファイルシステムの拡張)を利用するように設定してください。

swapfileサイズ変更

この手順前後で、「free -m」コマンドでスワップメモリサイズを確認してください。
以下の手順で、スワップサイズを1GBに拡張します。
viなどのエディタで、直接「/etc/dphys-swapfile」を編集しても良いです。
「CONF_SWAPSIZE=1024」を記載し、dphys-swapfileサービスを再起動すれば、スワップファイルサイズを変更できます。

必要パッケージのインストール

多くのパッケージを導入する必要があります。
参考とする情報ソースにより多少違いはありますが、私が導入したライブラリ群は以下となっております。

OpenCVのソースコード準備

Git HubよりOpenCVのソースコードをチェックアウト(ダウンロード)します。

OpenCVのビルドおよびコンパイル、インストール

この記事で示すコンパイルオプションは、オリジナルサイトのビルドオプションとは少し異なっております。各種ビルドオプションの説明や、失敗するビルドオプションなどは各種ブログに記載されております。個人的には、できる限りコンパイルが通りやすいビルドオプションとしております。

コンパイルです。

Raspberry Pi 3B +でコンパイル実施時は、4コアすべてを使ってコンパイルしても、6-8時間程度時間を要します。Raspberry Piの動作温度もコンパイル時間に大きく影響します。
以下のコマンドは、「make -j4」となります。

コンパイルが無事に成功したら、インストールを実行してください。

swqpfileサイズ変更(変更したサイズを元に戻す)

この手順前後で、「free -m」コマンドでスワップメモリサイズを確認してください。
以下の手順で、スワップサイズを拡張した1GBから100MBに戻します。

インストール後の確認

「python3」コマンドを実行し、「import cv2」「print(cv2.__version__)」で導入されたOpenCVのバージョンを確認します。

最後に

当初は、結構苦労しましたが、慣れると簡単にコンパイル、インストール出来ます。OpenCVをガリガリ利用する人は、是非、自分でソースコードより導入することをお勧めします。新バージョン新バージョンでの進化が素晴らしいライブラリです。

明日の記事で、OpenCV最新バージョンの4.1.1のインストール方法を記事にします。

現時点の私のRaspberry Piに導入しているOpenCVは、「4.1.1-openvino」となります。Movidius Neural Compute Stick 2、OpenVINO™ toolkit for Raspbian* OS導入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA