コンテンツへスキップ

GitHub へ Jenkins 向けの ユーザー作成

前提条件

JenkinsとGithubを連携

Jenkinsを利用して、Githubに新しいソースコードがコミットされた際に、Githubより新規ソースコードの通知をトリガーとして、Jenkinsのタスクを実行させます。

私は、Githubへの新規コミットをトリガーに、ジャンケンシステムを構成するメインのIntel NUC Ubuntuサーバー、Raspberry Pi、NVIDIA Jetson Nanoに最新のソースコードが自動的にデプロイ(Pull)される環境を構築しました。
デプロイ前に、簡単なテストなども自動化することが出来ます。

Jenkins向けユーザーを作成

Raspberry PiやNVIDIA JetsonにJenkinsユーザーを作成します。

Sudo設定

Jenkinsユーザーで、各種スクリプトを実行するので、sudoが簡単に実行出来るように設定します。
※ 全体的にパスワードなしでのsudoを許可しているので、利用するコマンドごとの設定や、各種設定ファイルのアクセス権などを環境に合わせて設定し、セキュリティ対策を行って下さい。

SSHキー作成

Jenkinsユーザー向けのSSHキーを作成します。
このSSHキーをGithubに登録します。
Githubに登録することにより、Jenkinsユーザーを用いて、Githubの操作が可能になります。

GithubへSSHキーの登録と接続確認

https://github.com/settings/keys で id_rsa.pub の内容を登録します。

最後に、対象のサーバーより接続確認を行います。

 

created by Rinker
NVIDIA
¥19,000 (2021/08/19 16:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA