コンテンツへスキップ

Ubuntu に Docker で Jenkins 導入( Installation Failures 対策)

Jenkins導入

複数機器の管理、複雑なCronでのシステム管理など、スケジュール管理には導入をお勧めします。
一度利用すると、この便利さから抜け出せません。無償でここまで高機能な管理ソフトが利用出来るのは、ただただすごいです。

前提

Docker Composeを利用して、Jenkinsを導入します。
Docker Composeの導入がまだの場合は、Docker Composeを事前に導入して下さい。

docker-compose.yml作成

利用するイメージファイルですが、「image: jenkins:latest」を利用した場合に、初期設定のプラグインインストールに失敗する場合があるので、「image: jenkins:latest」を利用します。

初回Jenkins起動

作成したdocker-compose.ymlファイルのディレクトリで、docker-compose upコマンドを実行し、Jenkinsの起動を行います。

初回起動時には、最新のJenkinsのイメージが取得され、イメージのビルドが実行されます。
大切なのが、初回の起動に、Jenkinsのセットアップ時に必要となるパスワードが表示されます。初回ブラウザでのアクセス時に、パスワードの入力が必要になります。

Jenkins初期設定

JenkinsにWEBブラウザでアクセスし、初期設定を行います。

Webブラウザ上でhttp://localhost:18080/にアクセスし、Jenkinsイメージをビルドした際に表示されたパスワードを画面に入力し、初期設定を進めます。

Customize JenkinsのInstall suggested pluginsで失敗する際は、利用するコンテナイメージを確認して下さい。「image: jenkins:latest」を利用した場合に、初期設定のプラグインインストールに失敗する場合があるので、「image: jenkins:latest」を利用します。

created by Rinker
NVIDIA
¥19,000 (2021/08/19 16:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA