コンテンツへスキップ

1GB,2GB,4GBメモリサイズが選べるRaspberry Pi 4、3 +との比較情報

Raspberry Pi 4概要

SoC(システムオンチップ)の変更。Cortex-A72アーキテクチャ(64ビットのクアッドコアARMv8が1.5GHz)を採用。

  • H.265のハードウェアビデオデコーディング
  • 基本モデルは1GBのRAM、2GBと4GBのRAMを搭載するモデルをラインナップ
  • メモリ規格がLPDDR2からLPDDR4に更新
  • Gigabit Ethernet搭載(Gigabit Ethernet over USB 2.0からの変更)
  • USB 3.0×2とUSB 2.0×2
  • 電源用USB-Cポート装備
  • Bluetoothも、4.2から5.0にアップデート
  • 2つのmicro-HDMIポート(フルサイズのHDMIポートからの変更)
  • 2つの4Kディスプレイを、60fpsで接続可能

Raspberry Piの正規販売店によって米国時間6月23日に発売された。メモリが1GBのベースモデルの価格は35ドル。RAMが2GBのモデルは45ドル、4GBのモデルは55ドル。

Raspberry Pi 4 BとRaspberry Pi 3 B +比較

海外サイトで見つけたベンチマーク結果です。
個人的に気にしていた消費電力ですが、想定以上の優秀な結果。導入しても良いかなと思える結果です。

テスト項目Raspberry Pi 3 B +Raspberry Pi 4 B差分
起動時間39.941.74.51%
アイドル状態(消費電力)0.5050.68435.45%
ピーク状態(消費電力)1.141.12-1.75%
CPUベンチマーク(1スレッド)317.7250.4-21.18%
CPUベンチマーク(4スレッド)86.262.8-27.15%
RAMベンチマーク14202983110.07%
OpenGL30.935.815.86%
Ethernet332933181.02%
WiFi 2.4Ghz38.639.62.59%
WiFi 5Ghz98.61078.52%
USB Drive Write35155342.86%
USB Drive Read32233628.13%

大幅な入出力の増強。発熱は少し気になるものの、魅力ある製品だと思います。
また、イノベーションと呼べるモデルチェンジだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA