コンテンツへスキップ

テレビの電源をHDMI経由でCEC(Consumer Electronics Control)で操作

テレビの電源オンオフ

他のリモコン操作の家電も同様ですが、現在の状態把握が難しいです。NatureRemoで電源オンとスケジュールしていても、実際は、電源ボタンを押すのみで、電源が消えていれば、電源ボタン操作で電源がオンとなりますが、電源オン状態であれば、電源操作により電源オフ状態と期待通りになりません。

HDMI接続によるCEC(Consumer Electronics Control)

結構盲点でした、物理的にテレビに接続し、制御可能なデバイスが既に導入されていたとは。Raspberry PiのHDMI端子を活用し、テレビのON/OFF(STANDBY)変更操作となります。電源のON/OFF(STANDBY)状況を確認することも可能です。

HDMIのCEC(Consumer Electronics Control)は、機器間を制御するリンク機能となり、SONYだとブラビアリンク、東芝だとレグザリンク、パナソニックだとビエラリンク、SHARPだとAQUOSファミリンクとなります。

cec-utilsインストール

Raspberry Piの電源起動時に、TVの入力が切り替わったり、TVの電源が入らないよいうに、boot/config.txthdmi_ignore_cec_init=1を追記します。

cec-utilsコマンド実行

状態確認:sudo cec-client -l

HDMIケーブル未接続時

HDMIケーブル接続時

TV電源ON:echo 'on 0' | cec-client -s

アクセス権によりコマンド失敗

アクセス権を変更変更

tvserviceが起動していてコマンド失敗

tvservice --offが必要

TV電源OFF:echo 'standby 0' | cec-client -s

PHPから実行

参考にさせて頂いたサイト

Raspberry PiとテレビをHDMI接続してテレビのON/OFFを確認する

RaspberryPi コマンドでテレビ電源をオンオフする(cec制御)echo 'on 0' | cec-client -s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA