コンテンツへスキップ

Raspberry PiにUSB接続のWEBカメラ導入

SynologyにWEBカメラ導入

Raspberry PiにWEBカメラを接続しました。
設置場所の自由度と、設置時のスマートさを優先させて、Raspberry Pi標準のカメラモジュールでなく、市販されているWEBカメラを利用することにしました。

UVC(USB Video Class)に対応した製品が、Raspberry認識時にトラブルも少ないと思います。UVCとは、USB Implementers Forumにより定義されたUSBのデバイスクラスとなります。

BUFFALO 200万画素WEBカメラ 広角120°マイク内蔵 ブラック BSW200MBK

価格comやアマゾンでのランキングも高く、120度の広角など購入時点だと、同価格帯の類似製品よりは魅力的な製品でした。

カメラ接続とguvcviewインストール

接続後には、Bus001に接続したカメラがUSBデバイスとして認識されました。

続いて、「guvcview」をインストールします。

guvcviewを起動

コマンドライン、またはGUIよりguvcviewを起動します。

コマンドラインからのguvcview起動

GUIからのguvcview起動

起動後のサンプル画面

参考にさせて頂いたサイト

RaspberryPiでUSB接続のWebカメラを使ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA