コンテンツへスキップ

Docker で インストールした Jenkins のアップデート

JenkinsのDockerイメージを再構築

JenkinsのポータルにJenkinsの新しいバージョンの通知が表示されます。
Dockerで導入したJenkinsコンテナにでは、Dockerイメージを再構築し、永続的なアップデートが必要となります。

Docker環境にJenkinsを導入した際の投稿:

「image: jenkins:latest」を利用した場合に、初期設定のプラグインインストールに失敗したので、「image: jenkins/jenkins:lts」を利用しました。

docker-composeの内容

JenkinsのDockerイメージを再構築

  1. docker-compose動作しているDockerコンテナのシャットダウン
  2. docker-compose でイメージをビルド
  3. コンテナをバックグランドで起動

以上で、最新のltsイメージに更新されます。コンテナ便利ですね。

jenkins_homeは永続化ボリュームとして構築しているので、Jenkinsのプラグインの更新は、ポータルサイト(WEB管理画面)より通常通り実施します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA